虞美人草 ぐびじんそう

ヒナゲシの異名。

虞美人草の由来・語源

虞美人とは、中国の秦末の武将・項羽(こうう)の愛人。項羽が漢の劉邦(りゅうほう)に敗れ命を断ったとき、虞美人もその後を追い、その墓にこの花が咲いたという伝説からこの名がある。

虞美人草に関連する言葉

カテゴリ:自然