なずな

アラブナ科の越年草。春の七草の一つで、若葉は食用とされる。三味線草。ぺんぺん草。

薺の由来・語源

歴史的仮名遣いは「なづな」。古くから食用にされ、撫でたいほど可愛い花の意味で「なでな(撫菜)」、また、夏に枯れて無くなることから「なつな(夏無)」の転ともされる。
漢名から「薺」を当てて書く。

薺に関連する言葉

カテゴリ:自然