草鞋 わらじ

わらで編んだ草履状の履物。足形に編み、つま先の2本の「緒 (お) 」を左右の「乳 (ち)」と呼ばれる小さな輪に通して足に結びつけて履く。

草鞋の由来・語源

藁でつくったくつが原義で、古くは草履の類をさす「屩」の訓として「わらぐつ」と呼ばれた。
その「わらぐつ」から、「わらうづ」→「わらんづ」→「わらんじ」と転じて、「わらじ」となったもの。
カテゴリ:社会