芍薬 しゃくやく

ボタン科の多年草。葉は複葉。初夏になると大形の紅・白色などのボタンに似た花を開く。アジア大陸北東部の原産。品種も多い。顔佳草(かおよぐさ)。夷草(えびすぐさ)。

芍薬の由来・語源

「芍薬」は漢名で、「芍」は輝くように美しい花をつける草の意。
「薬」は根が鎮痛剤などの薬として用いられたことにちなむ。

芍薬に関連する言葉

カテゴリ:自然