脚本 きゃくほん

演劇や映画などの筋書きを書いた台本のことで、日本における造語。

脚本の由来・語源

明治時代のころまでは「脚色」が脚本の意味を兼ねていたが、のちに脚色がもっぱら小説などを演劇化する意味で用いられるようになり、「脚色の本」の意で脚本と言うようになった。

脚本に関連する言葉

カテゴリ:文化