縁側 えんがわ

座敷の外部に面した側に設ける板敷きの部分。内側にあるのが一般的で、外側にあるものを「濡(ぬ)れ縁」という。

縁側の由来・語源

古くは単に「縁(えん)」といった。物のふちや側面を「側(かわ)」というようになったのは室町時代からで、江戸時代になるとこれが縁と結びついて「縁側」という語ができた。
カテゴリ:生活