素麺 そうめん

小麦粉に塩水を加えてこねた生地に油を塗り、細く引き伸ばして乾燥させて作った麺。

素麺の由来・語源

鎌倉、室町時代に中国から伝わり、古くは「索麺」と書き、「さくめん」が変化して「そうめん」となった。「索」は縄、綱の意。麺が縄のように細く長いことからいうもの。
「素麺」の「素」は、麺が白いことから、白い意の「素」の字を当てたとする説や、「索」の字を書き間違えたとする説もある。
カテゴリ:食べ物