納豆 なっとう

蒸した大豆に納豆菌を加えて発酵させた食品。

納豆の由来・語源

奈良時代に中国から伝わり、寺院で作られたことから、「納所(なっしょ)」の僧が作った豆の意で「納豆」という。
納所とは、寺院で出納事務をする所のこと。この納豆は大豆を煮るか蒸すかして麹(こうじ)菌をまぶし、塩水につけて発酵させたのに、取り出して乾燥させたもので、大徳寺納豆や浜納豆がよく知られる。
現在、たんに納豆といえば糸引き納豆を指すが、これは日本で作られたもので、安土桃山時代に茶人の千利休が馬屋の藁(わら)に落ちていた味噌豆にかびが生えているのみて思いついたとか、平安時代の武将・源義家の家来が東北征伐の折、豆が糸を引くのをみて考案したといった逸話が残る。
カテゴリ:食べ物