はず

当然のこと、道理や予定を表す。「できるはずがない」「五時に終わるはずだ」のように用いる。

筈の由来・語源

「筈」とは「矢筈(やはず)」で、弓に矢をつがえるとき、弦から外れないように矢の末端につけるもので、切れ込みが入れてある。矢筈と弦が合うのは当然であることから、たとえていう。
カテゴリ:社会