積ん読 つんどく

買った本を読まずに積んでしまうこと。「積んでおく」の「つん」と「読書」の「どく」を合わせた造語。「積読」とも。

積ん読の由来・語源

1901年(明治34年)の雑誌、『学鐙』の田尻北雷「書籍つんどく者を奨説す」、およびその中の表現「音読・黙読以外に、書籍につんどくあり」と用いられたのが最初とされる。
カテゴリ:社会