禁じ手 きんじて

使うことを禁じられた手段のこと。

禁じ手の由来・語源

本来は、囲碁・将棋・相撲などで用いられる言葉で、用いると反則負けとなる。囲碁では1回待たずにすぐコウを取りにいくことなど、将棋では二歩(にふ)・打ち歩詰め、相撲では握りこぶしで打つことや頭髪を故意につかむことなど、八つの禁じ手がある。
カテゴリ:娯楽・遊戯