神楽 かぐら

神をまつるために奏する舞楽。

神楽の由来・語源

「かぐら」の語源は、「神座(かむくら)が転じた語とされる。
神が鎮座すべき場所が原義で、幣帛(へいはく)を付けた木を手にもち、神座に神々を招いて音楽や舞を捧げた。
その神座の意が転じて、そのときに奏される音楽や舞を「神楽」と呼ばれるようになった。
カテゴリ:音楽