祝詞 のりと

儀式など改まった場面で、神官が神前で唱える古体のことば。

祝詞の由来・語源

「のり」は「宣言する、言う」の動詞「のる」の名詞形で、「名のりをあげる」の「のり」と同じ。「と」については、所の意とする説、呪言の意とする説、モノの意とする説などがある。
カテゴリ:行事・風習