相棒 あいぼう

仕事などを一緒にする仲間のこと。

相棒の由来・語源

江戸時代に駕籠(かご)を棒で担ぐとき、お互いに「相棒」と呼んでいたことに由来する。ちなみに、棒の片方を担ぐ者を「片棒」、棒の先を担ぐ者を「先棒」、後ろを担ぐ者を「後棒」という。
相棒はよい意味で用いられることが多いが、片棒、先棒、後棒は悪事に加担する者や人の手先など、悪い意味で用いることが多い。

相棒に関連する言葉

カテゴリ:人間