痛み分け いたみわけ

けんかなどで、双方が互いに損害を受けたまま、互角の状態で決着をつけること。

痛み分けの由来・語源

本来は相撲で、取組中に一方が負傷した場合に勝負を引き分けにすることで、「痛み」は負傷のこと。広い意味での引き分けの一種。
そこから転じて、紛争や論争で互いに損害を被りながら決着がつかないこともいうようになった。
体に痛みを感じることをさす動詞「痛む」の連用形に、動詞「分ける」の連用形の名詞用法が付いたもので、結果的に、負傷による引き分けを示す名詞になっている。

痛み分けに関連する言葉

カテゴリ:人間