狼煙 のろし

戦時、遠方の者に緊急連絡や合図を送るために、火を焚いて上げる煙のこと。

狼煙の由来・語源

「のろ」は野良、「し」は気、あるいは火の意。古く中国では、燃やすと風が吹いてもまっすぐに立ちのぼるという狼の糞を用いたことから「狼煙(ろうえん)」といい、表記はその漢語を当てたもの。
中世以後用いられる言葉で、それ以前は「とぶひ(烽火)」と言われていた。「のろし」に「烽火」を当てて書くこともある。

狼煙に関連する言葉

カテゴリ:社会