独活の大木 うどのたいぼく

図体ばかり大きくて、役に立たない者。

独活の大木の由来・語源

「独活」はウコギ科の多年草のこと。ウドの茎は木のように長くなるが、柔らかくて材としては使えないところから、からだばかり大きくて役に立たない人のたとえに用いられるようになった。
カテゴリ:人間