独楽 こま

円錐形の晩の中心に心棒をつけ、回して遊ぶおもちゃ。

独楽の由来・語源

古くは「こまつぶり」「こまつくり」「つむぐり」などと呼ばれていた。「つぶり」とは円形の意味。
「こま」は古代朝鮮の高麗(こま)から渡来したことによる。のちに、「つぶり」が省略されて単に「こま」というようになった。「独楽」は本来はひとりで楽しむ意味の漢字で、日本における当て字。

独楽に関連する言葉

カテゴリ:娯楽・遊戯