片栗 かたくり

ユリ科の多年草。山野に自生し、春に花びらが反り返った紅紫色の花をつける。鱗茎からでんぶんを採る。

片栗の由来・語源

古くは「傾いた籠状の花」の意味から「かたかご」と呼ばれ、それを略した「かたこ」、百合に似ていることから「かたこゆり」とも呼ばれるようになり、それがさらに約されて「かたくり」になったとされる。
また、葉の形が栗の子葉に似ていることから「片栗」となった説もある。
カテゴリ:自然