灯台下暗し とうだいもとくらし

身近なことは案外気付かず見落としがちなことのたとえ。

灯台下暗しの由来・語源

この「灯台」は、室内用の照明具で、上に油皿を置き、油に灯心を浸して日を灯す「灯明台(とうみょうだい)」のこと。その周りは明るく見えるが、真下は暗いことからたとえていわれるようになった。
カテゴリ:人間