火中の栗を拾う かちゅうのくりをひろう

他人の利益のために、危険をおかすことのたとえ。

火中の栗を拾うの由来・語源

17世紀のフランスの詩人ラ・フォンテーヌの寓話(イソップの寓話などをもとに人間の普遍的な姿を動物に託して描いたもの)に由来する。
その寓話では、猿が猫をおだてて、炉の中の焼けた栗を拾わせ、猫が大やけどをし、栗は猿に食べられてしまった。
カテゴリ:文化