漁夫の利 ぎょふのり

両者が利益を得ようと争っているすきに、第三者が何の苦労もせずにその利益を横取りすること。「漁夫」は漁師。「魚夫」は「魚父」とも書く。

漁夫の利の由来・語源

出典は中国の戦国時代の史書『戦国策(せんごくさく)』の燕策(えんさく)の中の故事による。
趙(ちょう)国が燕(えん)国を攻めようとしているときに、燕の蘇代(そだい)が趙の惠王(けいおう)に会って、次の寓話を語った。
「ふと川べりをみるとハマグリが殻を開けて日向ぼっこをしていた。それを見て飛んできたシギが、その肉を食べようとしてついばんだが、ハマグリは殻を閉じてシギのくちばしをはさんだ。この喧嘩はなかなか決着がつかず、夢中になって争っているところに、たまたま漁師がやってきて、両方とも難なく生け捕りにされてしまった。」
このように、趙と燕がいま争えば、秦(しん)国が「漁夫の利」を得るだろうと説いた。それで、趙は燕を攻めることを中止したという。
この故事にちなんで、骨を折らずに第三者が利益を得ることを「漁夫の利」という。また、第三者に利を横取りされ、共倒れになるような争いを「鷸蚌(いっぽう・シギとハマグリのこと)の争い」という。
カテゴリ:社会