滅相もない めっそうもない

とんでもない。あるべきことではない。また、相手の言を否定するときにも用いる。

滅相もないの由来・語源

仏教で、万物が生滅変化する4つの段階を四相(生相・住相・異相・滅相)といい、その1つの「滅相」は因縁によって生じた一切の存在を過去の存在として滅し去る、心身が消滅する意。そこから、とんでもない意で「滅相な」「滅相もない」のようにいう。

滅相もないに関連する言葉

カテゴリ:社会