満遍なく まんべんなく

全体に余す所なく行き渡っている様子。

満遍なくの由来・語源

「満遍」は仏教語で、平均・平等の意味。転じて、行き渡ることを表すようになった。
「満遍」だけで同様の意味にもあり、「満遍なく」の「なく」は否定の活用語尾ではなく、「満遍ない」の連用形。この「ない」は、意味を強調して形容詞化する接尾語で、「滅相もない」「途方もない」の「ない」と同じ。
カテゴリ:様相