江戸川

江戸川の由来・語源

江戸川は古くは太日川(ふとひがわ)、東北・北関東から江戸への舟運の便を計った川で「江戸へ至る川」の意。江戸とは、江は「川、入江」、戸は「口」で川のほとりのこと。川は江戸川(現・神田川)の下流である太古の「平川(平河)」を指す。なお、現在でも皇居(江戸城)には平川門が残る。
カテゴリ:地名