なんじ

二人称の代名詞。現代語では文語的・雅語的表現で用いられる。

汝の由来・語源

本来は「なむち(汝貴)」とされる。「な」はとくに目下や親しい者に向けられた二人称代名詞、「むち」は尊い者の意で、神名の下に付けるなどして使用された。
語形は「なむち」→「なむぢ」→「なんじ」と変化した。
当初は尊敬の意を含んでいたと考えられるが、早くに敬意は薄れたようで、対等かそれ以下の者に対して用いられるようになった。
カテゴリ:人間