水芭蕉 みずばしょう

サトイモ科の多年草。

水芭蕉の由来・語源

水辺に生え、花のあとに出る大きな葉が芭蕉に似ていることからこの名がある。
初夏に花を咲かせるが、白くみえるのは苞(ほう)で、この苞に包まれるようにして花穂を出し、黄緑色の小花をつける。
カテゴリ:自然