水木 みずき

ミズキ科の落葉高木。山地に自生し、枝を横に伸ばす。葉は互生し、広楕円形で裏面はやや白い。根から水を吸い上げる力が強く、春には多量の水を含む。別名、クルマミズキ(車水木)。

水木の由来・語源

早春に芽をふく時、地中から多量の水を吸い上げることから「水木」の名がついた。
カテゴリ:自然