棚卸し たなおろし

決算や資産評価のために、在庫の商品や製品などの数量や品質を調べ、その価値を評価すること。

棚卸しの由来・語源

江戸時代には正月の上旬の吉日と7月に行われた。
在庫の物を一つ一つ調べることから、人の行状をすっかり調べること、さらに、人の欠点を並べ立てる意味もいうようになった。

棚卸しに関連する言葉

カテゴリ:社会