棒に振る ぼうにふる

無駄にする、ふいにすること。

棒に振るの由来・語源

江戸時代に、野菜や魚などを天秤棒で担いで売り歩くことを「棒手振り」といい、担いだ荷をすっかり売ることから、財産を無くす意味になり、さらに、それまでの努力や苦労が無になることへと変化したとされる。
カテゴリ:人間