案山子 かかし

竹やわらで作った人形。田畑に立て、人に見せかけて鳥などが作物を荒らすのを防ぐ。

案山子の由来・語源

古くは、鳥獣に田畑を荒らされるのを防ぐために、髪の毛やボロ布を焼いたものを置き、鳥獣が嫌がるにおいを出して近づけないようにした。これを「かがし」といった。においを嗅がせる意の動詞「かがす(嗅がす)」の名詞形。現在もそうしたものを用い、それを「かがし」と呼ぶ方言もある。
やがて、竹やわらでほぼ等身大の人形を作り、弓矢を持たせたり、蓑笠(みのかさ)をかぶせたりして田畑に置き、人間が見張りをしているように見せかけ、鳥獣の侵入を防ぐようにした。この人形も「かがし」、または清音化して「かかし」というようになった。
「案山子」の表記は、「案(机のこと)」のように平らで低い山「案山」にある山田を守る「子」(人・人形)という意。
カテゴリ:生活