格好 かっこう

外から見た物の形・姿。体裁。ちょうど適した程度・様子であるさま。

格好の由来・語源

本来は「恰好」と書き、中国宋代の俗語で、ちょうど、おりよくの意。「恰」はあたかも、ちょうどの意を表す。
日本ではちょうど合うこと、ふさわしいことの意で使われ、さらに形がちょうどよいということから、姿・形そのものの意に用いられるようになり、「格好」とも書くようになった。
カテゴリ:様相