ひいらぎ

モクセイ科の常緑小高木。山地に自生。葉は卵形で厚く、縁にとげ状のぎざぎざをもち、対生する。生け垣や庭木とされ、材は器具・楽器・彫刻などに用いられる。

柊の由来・語源

歴史的仮名遣いは「ひひらぎ」で、ひりひり痛む意の動詞「ひひらぐ(疼ぐ)」の連用形。葉の縁が鋭くとがっていて、触るとひりひり痛むことから「疼木(ひひらぎき)」の意。
カテゴリ:自然