未曾有 みぞう

今までに一度もなかったこと。また、非常に珍しいこと。

未曾有の由来・語源

びっくりしたという意味のサンスクリット語「adbhuta」を漢訳した仏教用語。「未だ曾て有らず(いまだかつてあらず)」と訓読され、いまだかつてないほど・素晴らしいなどの意味で用いられていた。
「未曾有の惨事」のように悪い意味で用いることが多いが、本来はすばらしいこと、めでたいことを形容する言葉。
サンスクリット語 古代から中世にかけて、インド亜大陸や東南アジアにおいて用いられていた言語。古代インドの標準文章。梵語(ぼんご)。
カテゴリ:社会