木で鼻を括る きではなをくくる

無愛想に応対する。冷淡にあしらう。

木で鼻を括るの由来・語源

古くは「木で鼻をこくる」といった。「こくる」は強くこする、手荒くすりつけること。「こくる」という語があまり用いられなくなって「くくる」という誤用された形が生じ、やがてそれが定着した。
カテゴリ:人間