有卦に入る うけにはいる

巡り合わせがよく、幸運が続くこと。

有卦に入るの由来・語源

「有卦」とは、陰陽道で、幸運が7年続くという年回りをいい、本来はその年回りに入ることをいう。
ちなみに、反対に不運が続く年回りを「無卦(むけ)」といい、無卦に入ると5年不幸が続くとされる。人の一生は、この有卦と無卦が交互に巡るといわれている。
カテゴリ:文化