あかつき

明け方の東の空があかるくなるころ。

暁の由来・語源

奈良時代には「あかとき(明時)」ろいったが、平安時代になって「あかつき」と音が変化した。
古くは夜を3つに区分し、「宵」「夜中」に続く時分が「あかとき」で、未明のころを指した。現在の意味になったのは平安時代で、音とともに意味も変化した。

暁に関連する言葉

カテゴリ:自然