景色 けしき

山・川・海・野原などの眺め。自然の風景。

景色の由来・語源

「景色」は平安時代には「気色」と書かれ、人の心の動きや自然の様子を表す語であった。
それが鎌倉時代以降、「気色」は人の機嫌・顔色・意向などを表すときは「きそく」や「きしょく」と読まれ、一方、自然界の風景を表すときは「けしき」と読まれるようになった。
江戸時代になると、「けしき」の表記に「景色」が当てられるようになった。
カテゴリ:自然