教養 きょうよう

学問・知識・芸術などを身につけることによって養われる心の豊かさ。

教養の由来・語源

古くは供養の意で用いられていた。
明治時代になるとeducationの訳語として「教養」の語が中国から輸入されて、教育の意を表すようになった。しかし、その訳語に「教育」が定着したため教育の意味は廃れ、大正頃から教育の内面的な成果に意味の中心が移って、現在の意になった。
カテゴリ:社会