指切りげんまん ゆびきりげんまん

約束を守るあかしに、互いの小指を絡ませ合うこと。

指切りげんまんの由来・語源

「指切り」は、かつて遊女が客に対する誓約のあかしとして、小指を切ることをいったが、のちにその代わりの仕草として、指を絡ませ合うようになった。
「げんまん」は「拳万」で、約束を破ったらげんこつで一万回ぶつこと。
カテゴリ:娯楽・遊戯