手綱を締める たずなをしめる

人が勝手な言動をしたり、気を緩めたりしないように、注意したり監視したりすること。反対に他人への束縛を緩めることは「手綱を緩める」という。

手綱を締めるの由来・語源

「手綱」は馬を操るために轡(くつわ)に付けた綱のこと。
馬は手綱を締めればブレーキがかかってゆっくり走り、緩めれば速く走る。そこから、人を制御する際の比喩で用いられるようになった。

手綱を締めるに関連する言葉

カテゴリ:人間