戒名 かいみょう

通常、僧が死者につける法名のこと。鬼号。

戒名の由来・語源

本来は、受戒して仏門に入った者に与えられた名。仏教に帰依入信した者に対して、もとは生前に授けられた。日本では中世末期ごろから見られ、近世の檀家制度のもとで一般的となった。
カテゴリ:社会