我慢 がまん

自己を抑制すること。耐え忍ぶこと。辛抱。

我慢の由来・語源

本来は仏教語で、サンスクリット語「mana(マーナ)」の漢訳。
仏教では、自己に執着する強い自我意識「我執」から起こる心や、自分を高く見て他を軽視する思い上がりの心を「慢」と呼ぶ。このような心理状態を7つに分けて七慢というが、その一つが「我慢」。
それが転じて、我意を張ること、強情の意となり、さらに弱みを人に見せまいとする態度とみられ、近世後期ごろから現在使われている我慢の意味となった。
サンスクリット語 古代から中世にかけて、インド亜大陸や東南アジアにおいて用いられていた言語。古代インドの標準文章。梵語(ぼんご)。

我慢に関連する言葉

カテゴリ:人間