懐刀 ふところがたな

常にそばにいて、秘密の計画や相談事にかかわる腹心の部下のこと。

懐刀の由来・語源

本来は、懐に入れたり、帯の間に挟んで持ち歩いたりする護身用の短刀のことで「懐剣(かいけん)」ともいう。いざというときに自分の身を守るものであることから、信頼できる腹心の部下のたとえに用いられるようになった。
カテゴリ:社会