惑星 わくせい

恒星のまわりを楕円軌道を描いて運行している、比較的大きな天体。太陽系では、水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星の8つがある。

惑星の由来・語源

天球上で相互の位置を変えずに星座を形作って規則的に動く星を「恒星」と呼ぶが、これに対して惑うように位置を変えて動く星のようであることから「惑星」と呼ばれるようになった。
中国では古く「行星」と呼び、日本でも使われた時期があったが、しだいに「行星」は使われなくなり、「惑星」が一般的になった。
カテゴリ:自然