怪我の功名 けがのこうみょう

過失や災難と思われたことが、意外にもよい結果を生むこと。また、何気なくしたことが好結果をもたらすこと。

怪我の功名の由来・語源

「けが」を「怪我」と書くのは当て字で、もともと過失や偶然の負傷を表した。
「功名」は、古くは「高名」と書き、高い評判という意味であったが、次第に手柄の意が生じた。
カテゴリ:人間