微塵 みじん

非常に細かいもの。

微塵の由来・語源

本来は仏教語で、物質を構成する単位。
物質の最小単位である極微(ごくみ)を中心に、上下四方の六方から極微が結合したきわめて小さい単位であり、そこから転じて、非常に微細なものを意味するようになった。
カテゴリ:社会