引導を渡す いんどうをわたす

最終的な宣告をして、あきらめさせること。

引導を渡すの由来・語源

本来は、葬式で導師の僧侶が死者に対し、この世への未練を断ち、迷わず成仏するように法語を与えること。
死んだことを解らせる儀式であるところから、相手が諦めるための最終的な宣告の意味で用いられるようになった。
カテゴリ:文化