年増 としま

娘の年頃を過ぎた女性。

年増の由来・語源

年上を意味する「としまし」「としまさり」を略していう語で、もとは遊郭で盛を過ぎた遊女に対して用いられていた。
江戸時代には20歳前後をいい、23歳から30歳くらいまでを中年増(ちゅうどしま)、それより上を大年増(おおどしま)といったが、現在では年増といえば、30歳から40歳くらいの女性を指す。
カテゴリ:人間