居候 いそうろう

他人の家に身を寄せ、養ってもらうこと。また、その人。

居候の由来・語源

もとは江戸時代の公文書に、同居人であることを示す肩書きとして用いられていたもの。
動詞「居る」の連用形「居」に丁寧の意を表す「候」が付いて、「(誰それの家に)おります」の意が原義。
家族制度からぶれた者を社会的に認知する一つの方法だったが、川柳などではその肩身の狭さ、独立心のなさが笑いの対象となって多く登場する。
カテゴリ:生活